Item

やどかりブックレット・障害者からのメッセージ・16 70歳を目前にして今,新たな一歩を 精神障害者であることは変わりないが

現在,電子書籍版のみ取り扱っております.
下記URLにてご購入いただけます.
https://www.dlmarket.jp/products/detail/443924


堀 澄清, やどかりブックレット編集委員会:編
発行:やどかり出版
A5判 98ページ
本体価格900円+税
ISBN978-4-946498-92-3 C0036
発行年月:2007年03月

 「まるで仙人のような人ですね」堀澄清さんはこの言葉を誰からも幾度となく聞いていることでしょう.素足に下駄履き,どこにでも自転車で出かけ,着流しの風体,まさに仙人のような人・・・・・・.
 北海道で生まれ育った堀さんは,病弱で入退院を繰り返す子どもだった.高校卒業後,大学進学のため上京するが,隙間なく建っている家・家・家・・・.そして,頻回に響く救急車の音に絶叫し発病.北海道に戻り精神科病院に入院となる.
 2回目に入院した精神科病院・・ここでは,運びこまれるなり「腕を出して」と一言.いきなり太い注射を打たれた. 気づくと70人もの患者と窓のない大部屋にいた.3年間風呂にも入れない生活が続いた.この体験から医療を拒否.退院後26歳から45歳までの20年間,どんなに苦しくとも医療の世話にはならなかった.ところが45歳の時,劇的に心境が変化し妄想も幻聴も消えた.
やどかりの里へ来たのは63歳の時.その時は自分の人生の主人公になることを諦め,自分の人生を100%に近く否定していたという.しかし,やどかりの里での出会いや空間に癒され,作業所での仕事,体験を語る講師の仕事を通し,「やっと自分の人生の主人公になれた」と肯定感を持てるようになった.現在は,同じ病を持つ女性に恋をし,2人の生活を満喫している.
 本書では,70歳の堀澄清さんが病とともに生きてきた人生を振り返り,ありのままを語っている.「生きることはすばらしい」と,堀さんの声が聞こえてくるはず.

目次

・はじめに

・病気という重石を背負っての人生

・やどかりの里にたどり着いて

・堀澄清,今青春まっさかり

・おわりに
やどかり出版総目録(2016年8月版)
¥ 972 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

当ホームページからのご注文に限り 送料無料 お急ぎの場合や日付指定での発送をご希望の方は直接お電話でご注文ください.別途,送料がかかります.TEL:048-680-1891

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

公益社団法人やどかりの里が運営する「やどかり出版」は,やどかり出版株式会社(yadokari)様とは別組織です. やどかり出版株式会社様へのご訪問は上の画像をクリックしてください.