news

2022/02/28 15:18

 やどかり出版は,1979年に雑誌『精神障害と社会復帰』を創刊した.精神障害のある人を地域で支える法制度がなかった当時,各地の地域精神衛生活動や,地域に暮らす当事者の声を発信し,暮らしの場を精神科病院から地域へという主張を伝えていった.

 1996年には,当事者が当たり前に「街の中で生きる」ことの実現を目指して,『響き合う街で』へと改題.以降,精神医療の実態を発信し,弱者を切り捨てるような社会に警鐘を鳴らし続けてきた本誌は,2022年2月に100号を迎える.

 100号の節目にあたり,本誌は99号~101号の3号にまたがる連続特集を企画した.

 本誌はこれまで,「歴史から謙虚に学ぶ」「現状を正しく捉える」「改革に向けた理念を共有する」という3つの軸で特集を企画してきた.

 今回の連続企画もこの3つの軸を基本とし,99号「精神保健福祉とメディア」,100号「精神保健福祉のボトルネック」,101号 「精神保健福祉のブレイクスルー」という特集テーマとした.本特集では,精神保健福祉の問題は「精神保健福祉」という特定の領域に限定されるものでなく,社会構造全体の縮図でもあるという問題意識のもと,いのちと尊厳をめぐる課題として捉え,目指すべき姿と,その実現への道筋を考える機会としたい.


<3号共通企画>

【開拓者のまなざし】精神保健福祉を切り拓いてきた先達に学ぶ

Overture】各号のテーマを象徴するような詩や芸術作品から問題意識を共有

【異見と異論の交差点】特集テーマをめぐる50人アンケート

Crosstalk】当事者,家族,専門職など多様な立場から,特集テーマを議論

藤井克徳×加藤康士×寒川吟子×林あおい×上東麻子×福田祐典

 

 

99号(202111月発行)特集 精神保健福祉とメディア

 ■第1部 精神保健福祉をめぐって メディアの報道とその影響

 ■第2部 いのちと尊厳をめぐって メディアの使命

 ■第3部 『響き合う街で』が発信してきたこと・使命


100号(2022年2月発行)特集 精神保健福祉のボトルネック


 ■第1部 精神保健福祉をめぐって 精神保健福祉施策の20

 ■第2部 いのちと尊厳をめぐって 忘れてはならない21世紀の出来事

 ■第3部 日本社会に通底するボトルネック

 

101号(2022年5月発行)特集 精神保健福祉のブレイクスルー


 ■第1部 精神保健福祉をめぐって 夢を夢で終わらせないために

 ■第2部 いのちと尊厳をめぐって 歪み社会をどう生きるか

 ■第3部 『響き合う街で』宣言 2022

当ホームページからのご注文に限り 送料無料 お急ぎの場合や日付指定での発送をご希望の方は直接お電話でご注文ください.別途,送料がかかります.TEL:048-680-1891
やどかり研究所会員の皆様
やどかり研究所会員の皆様は,やどかり出版の書籍を会員割引でご購入いただけます. ホームページからのご注文にはこの割引が適用されませんので,お電話・Fax・E-mailで小社に直接ご連絡下さい.

「響き合う街で」
定期購読のご案内

テープ起こし
データ入力
単行本編集
報告書作成

など承ります.

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

※ ご注意ください
公益社団法人やどかりの里が運営する「やどかり出版」は,やどかり出版株式会社(yadokari)様とは別組織です. やどかり出版株式会社様へのご訪問はこちらをクリックしてください.