Item

地方分権と公衆衛生 住民本位の立場から市町村と保健所の今後を考える

地方分権と公衆衛生 住民本位の立場から市町村と保健所の今後を考える
自治体に働く保健婦のつどい:編
発行:やどかり出版
B5判 170ページ 上製
本体価格1,500円+税
ISBN978-4-946498-30-5(4-946498-30-3) C0036
発行年月:1997年01月

公衆衛生は諸刃の刃である.全体主義的上位下達の方向に流れる可能性がある一方,住民の主体化をベースに地方分権を日常的に位置づけられるすばらしさを持っている.
¥ 1,620 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

関連商品

  • 保健師が行う家庭訪問 第2版 保健師が行う家庭訪問 第2版 ¥ 2,052
  • いのちの地域ケア いのちの倫理を考える 第3版 いのちの地域ケア いのちの倫理を考える 第3版 ¥ 3,240
  • やってみようプライマリヘルスケア 変わりゆく世界と21世紀の地域健康づくり 第3版 やってみようプライマリヘルスケア 変わりゆく世界と21世紀の地域健康づくり 第3版 ¥ 2,484
当ホームページからのご注文に限り 送料無料 お急ぎの場合や日付指定での発送をご希望の方は直接お電話でご注文ください.別途,送料がかかります.TEL:048-680-1891

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

公益社団法人やどかりの里が運営する「やどかり出版」は,やどかり出版株式会社(yadokari)様とは別組織です. やどかり出版株式会社様へのご訪問はこちらをクリックしてください.